闇金に100万借りると必ず破綻するといわれています。http://fukui.whitesnow.jp/ などの闇金問題解決サイトも増えてきましたが、まだまだ、闇金穂街は多いようです。

審査がほとんどなく借りれますが、利子が異常に高いために普通に考えたら返せないので破綻するのです。

そもそもヤミ金とはどんな業者を指すかというと貸金業登録していないキャッシング業者のことです。

本来、貸金業をするのであれば、貸金業者として、 国・都道府県に登録し、貸金業法等の法律に従う必要があるのです。例えば、貸金業法の「出資法の上限金利(20%)」に従って、 貸し付けを行う必要があります。

これがもし「20%」を超える金利で貸し付けをすると刑事罰の対象になりますから犯罪になります。

貸金業者として登録していなければ、 法律に従う必要もないので、半端なく高い利息で貸し付けることができるのが特徴的です。

例えば、「トイチ」という言葉はよく聞くと思いますが、 これは「10日で1割」の利息がつきますね。膨大に利息が増えてしまい、破綻してしまうという仕組みです。

金融庁の調査ではヤミ金被害は減っていると言われていますが実際にはヤミ金は増えてきているともいわれています。

ヤミ金を利用する人が増えてきている理由は今までお金を借りれた人が借りれなくなったからです。そのお金を借りれた人というのは、 返済能力はあるのですが、貸金業法改正による総量規制によって借り入れができなくなった人達です。そこで借り入れ先として利用しているのが闇金になっています。

貸金業法の改正は本来、借り手を守るためのものですが、より悲惨な債務者を生み出しているのが現状です。